青楓は2面目の背景へ

この数日、特に朝夕は寒くなってきました。
早い地方によっては、そろそろ楓の色づく頃でしょうか?

こちらの「青楓」は、2面目の背景のカットをしています。
ガラスのピースが大きいので、作業の進み具合が良くわかります。

青楓のガラスカット7

ここまで来ると、一安心です。
後、丸1日かければ、背景のカットが終わるのではないかと思います。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

少しずつ茂ってきた青楓

少しですが、ガラスカットが進みました。
カットをしていると、まるでモールドの上を青楓が茂っていくように見えます。

青楓のガラスカット6

この面のガラスカットは、まだ半分行くか行かないかといった所です。
作業は続きます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

2/3面のガラスカットに着手

早いもので、10月も残り1週間を切りました。
職場では、忘年会の話が出ていています。

青楓のガラスカット5

振り返ってみると今年は、職場を離れている時間も仕事の事ばかり考えていた気がします。
今後は、余暇は気分を切り替えて、もっとステンドを楽しみたいものです。

さて、青楓のランプは2面目のカットを開始しました。
1面目では難しく感じていたヤカゲニーガラスのカットは、慣れてきたお陰で今は容易に感じます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

1面目の半田付けとアメリカのガラス

青楓は、1面目の裏側の半田付けが終わったところです。
これから、2面目のカットに進みます。

青楓の半田付け2

この作品は、ヤカゲニーとココモのガラスを主に使っています。
アメリカの他のガラス会社は、いまだ製造が止まっているそうです。

先日、ガラスを買いに材料店へ行ってきました。
経営破綻したスペクトラム社の棚は、隙間が目立ちます。

心配していたところ、ステンド教室で良いニュースを聞きました。
スペクトラムのガラス製造は、オーシャンサイド グラスタイルという会社が引き継ぐそうです。

「オーシャンサイド」は、カリフォルニアにある海沿いの町の名前です。
私はその近くのカレッジに留学していたことがあり、とても懐かしく思いました。

一方で私の好きなウロボロスは、2017年に製造を停止するそうです。
これまで以上に、手にしているガラスが貴重に思えてきます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR