青楓のデザインと構図

モールドにケント紙を貼ったら、青楓(あおかえで)の葉をデザインします。
デザインは、2年前に作成したパネル「紅葉とルリビタキ」の葉を描き直そう考えていました。

ところが、パネルの葉はランプシェードには大きすぎます。
そこで、田代一郎先生の葉のデザインを使用させていただくことにしました。

先生のランプは直径50cm位で、私の作るものは33cmです。
デザインをそのまま使うには若干大きいので、80と90%に縮小しています。

青楓型紙2

葉のデザインをいくつか切り取り、モールドにピンで仮留めしています。
全体の見ながら構図を考えています。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

「青楓(あおかえで)」に使うモールド

次の作品は、丸いドーム型のランプシェードを作ろうと思います。
デザインは「青楓(あおかえで)」にします。

使うモールドは直径30cmを考えていましたが、丁度、ステンド教室には空きがありません。
そこで、少し大きめですが33cmのモールドで作ることにします。

青楓型紙1

今、モールドにケント紙を貼っています。
この上にデザインを描いていきます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

完成しました紫陽花の行灯

街を歩くと、あちらこちらの庭先に紫陽花の咲く季節となりました。
丁度良い時期に、「紫陽花」の行灯が完成しました!

紫陽花
Copyright © 2016 Yurie All Rights Reserved.
「紫陽花」

早速、点灯してみます(この写真は後ほど撮り直します)。
これからは部屋の中でも、紫陽花を楽しめそうです♪

この作品は「がく」のデザインに悩みましたが、ガラス選びを楽しみました。
紫陽花は、また作ってみたいモチーフとなりました。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

組み立てからパティーナ染めまで、一気に

紫陽花の行灯は、全5面の半田付けが済みました。
いよいよ、平面の状態から行灯型に組み立てます。

行灯の下方には、電球ベースに設置する為の金具を取り付けます。
その間、作品作りに夢中になりすぎて写真は撮り忘れてしまいました。

紫陽花パティーナ染め

洗浄し、パティーナで半田を染めているところです。
最後にもう一度洗浄すれば、作品完成となります。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR