2012年に完成した作品

そろそろ仕事納めの方が多いのではないかと思います。
皆様、お疲れ様でした。私も年末年始の休暇に入りホッとしています。

一年過ぎるのは本当に早いものですね。
今日は、2012年に完成した作品を振り返ってみます。

2月は「プルーンのランプ」、5月は「椿の行灯」、7月は「ミルフィオリのランプ」、8月は「朝顔のパネル」。写真をこうして並べてみると、作成時のことが色々と思い出されます。

プルーンのランプ 椿の行灯
ミルフィオリランプ 朝顔のパネル
Copyright © 2012 Yurie All Rights Reserved.

部屋の中で目を楽しませ、かつ実用的でもあるようにと思って作っていました。
作成するのは限られた時間の中ではありますが、その分、集中することが出来ました。

今年は展示会などのイベントは参加しませんでしが、
その時が来るまでは作品作りに真摯に取り組もうと思っています!

皆様、ブログをお読みいただきまして本当にありがとうございます。
年末ご多忙の折ではございますが、お体にお気をつけて良き年をお迎えください。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

3面を組み立てて丸い形に

山帰来のランプは、3面目の裏側の半田を仕上げました。
ただ今、3面を組み立てています。

つなぎめを裏側から半田付けしています。
ランプの中を覗いてみるとこんな感じです。

山帰来半田付け5

この作品、デザインやガラスにあれこれと悩みながら作成していました。
今は、何を心配していたのかしらと思うくらいにとても気に入っています。

今年のステンド教室での作業はここまでです。
完成は来年のお楽しみです!

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

ミケランジェロ・ブオナローティ ローマ・ヴァチカン編

イタリア旅行で撮影した芸術作品をご紹介する第四弾です。
前回に引き続きミケランジェロです。

ローマでは、パンテオンの近くにあるサンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会を訪れました。
何気なく立ち寄ったのですが、ここには「ミネルヴァのキリスト」がありました。
ミネルヴァのキリスト

教会内は青い天井画が何とも神秘的で、強く印象に残っています。他にもフィリッピーノ・リッピの「受胎告知」、アントニアッツォ・ロマーノ「受胎告知」、フラ・アンジェリコの「聖母子像」も観ることが出来ます。

そして、ツアー最終日はバチカンで過ごしました。巨大なバチカン美術館の展示コースは全長7kmもあり、最後にたどり着くのがシスティーナ礼拝堂です。

ツアー目的の一つである礼拝堂の中へ、少し緊張しながら入りました。
そこはどの部屋よりも人が集まっていて、撮影を取り締まる監視係までいました。

少し薄暗い礼拝堂に「最後の審判」と「天井画」が描かれています。
フレスコ画の色は鮮やかで、描かれている人物は皆、筋肉質で迫力満点です。

壁沿いには椅子が設置されています。
その椅子に座った途端、歩き回った疲れからか眠気が…(苦笑)。

眠気と戦いながら、この傑作を鑑賞することになるとは思いもよりませんでした。
見所が多く、時間が許せば何時間でも座って鑑賞していたかったです。

最後にサン・ピエトロ大聖堂に向かいました。礼拝堂から大聖堂は通路があるのですが、良くわからずに館外に出てしまい、大聖堂に入るのに長蛇の列に30分以上も並ぶことになりました。

限りのある自由時間、大聖堂を回る時間は残り30分しかありません(汗)。
大聖堂に入ると、すぐに目に留まったのは人だかりの前の「ピエタ」です。

サン・ピエトロ大聖堂のピエタ

心の中で「本物だ!」とワクワクしながら、猛スピードで近づいて行きます。
この像はこれまで損傷を受けたことがあるので、ガラスで防護されています。

ピエタ

写真で幾度となく見ていますが、実物のマリア像は本当に美しい。
そしてイエス像に比べるとやはりサイズが大きいです。

ミケランジェロの作品の中で、
この「ピエタ」はシスティーナ礼拝堂の壁画と同じくらい感動しました。

事前の勉強不足で、サン・ピエトロ大聖堂の大きさには着いてから驚かされました。
自由時間の残り数十分、大聖堂を早足で観て回り後ろ髪を引かれつつ後にしました。

さて今日は、クリスマスイブで振替休日ですね。
皆様、楽しいクリスマスをお過ごしください。

ちなみに私は会社へ出勤です。頑張って仕事します!
メリークリスマス♪

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

いよいよ3面目の半田付け

山帰来のランプは、最後の3面目の半田付けをしています。
この面はガラスカットが上手く出来た分、半田付けもしやすいです。

山帰来半田付け4

表側は仮止めまで進みました。
次はモールドからガラスを外して、裏側の半田を仕上げます。

さあ、いよいよ3面を組み立てます。
どんな作品になるのでしょうか♪

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

ミケランジェロ・ブオナローティ フィレンツェ編

イタリア旅行で撮影した芸術作品をご紹介する第三弾です。
今日はミケランジェロです。

ミケランジェロの作品は、嬉しいことに数多く観ることが出来ました。
作品を目指して歩いたというよりは、思いがけず見つけた作品が多いのです。

まずフィレンツェに到着し、最初に向かったのはミケランジェロ広場。
街を見下ろせる眺めの良い丘の上の広場です。

ミケランジェロ広場のダビデ像レプリカ

まるで迎えてくれるかのように立っていたのは、上の「ダビデ像」レプリカです。
よく知られた大理石製ではなく、銅製で緑がかっていてその表情はより険しく見えました。

ウフィツィ美術館は撮影禁止で写真はありませんが、「聖家族」を鑑賞しました。
この世界的にも有名な美術館は、展示作品も誰もが知る名作ばかりで興奮しました。

フィレンツェでは、出来るだけ効率よく歩き回ろうと街の地図を暗記した程です。シニョリーア広場に行くと、もう一体の「ダビデ像」レプリカがヴェッキオ宮殿前に立っています。

シニョリーア広場のダビデ像レプリカ

ヴェッキオ宮殿内の500人大広間には、ヴァザーリの迫力のフラスコ画「マルチャーノ・デッラ・キアーナの戦い」があります。小さくしか写っていませんが、壁画下の左から二体目の彫刻がミケランジェロの「勝利」です。

マルチャーノ・デッラ・ キアーナの戦い

ちなみに、この壁画の裏にダ・ヴィンチの「アンギアーリの戦い」が隠れているという説があります。向かいの壁画シエナ攻略図の所にはミケランジェロの「カッシーナの戦い」があったそうです。

本物の「ダビデ像」はアカデミア美術館にあります。
ただ、ツアー旅行の限られた自由時間で回れるのは美術館一件です。

ドナテッロヴェロッキオのダビデ像も鑑賞したかったので、バルジェロ美術館へ。
三人の天才の製作した三体のダビデ像を、たった一日で観れてしまうとは贅沢なことです。

バルジェロ美術館、お客さんがほとんどいなくてまるで貸し切り状態でした。
建物が元監獄だそうで、少し寂しい感じもするのですがじっくりと観れます。

ここにはミケランジェロの「バッカス像」「聖母子像」「ブルータス像」「ダビデ/アポロ像」もあります。ローマ、バチカンのミケランジェロ作品はまた別の機会にご紹介します。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

モールドと型紙の準備

木製のモールドに、デザインした紙を貼り付けました。
型紙も切り、ガラスカットを始める準備は整いました。

モールドと型紙

でも、切り終えてみると型紙が予想以上に小さいのです(汗)。
もう少し花と葉を大きくデザインし直そうかしら…と手が止まっています。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

アイスランドポピーのガラス選び

アイスランドポピーは、花びらに使う赤いガラスを一番初めに決めました。
それに合わせて、葉のガラスを選んでみました。

花びら、葉、背景のガラス 雄しべ、蕾、茎のガラス

画像左 
花びらはウロボロス60-37、背景はヤカゲニー1000S、葉はブルザイ3212とウロボロス60-751、

画像右 
雄しべはスペクトラム6067-83、蕾と茎は昔に買った物でメーカは分かりません。

美しいガラスは並べて眺めているだけで気持ちが上がりますね。
さあ、型紙を切りましょう。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR