行灯の他の2面は

行灯の2面は椿のデザインを、
もう2面は田代先生の作品を参考にし、あえてデザインはしませんでした。

デザインのない面にして部屋に置けば、季節を問わず一年中使えるそうです。
夏になったら、椿の面は裏側にしてみよう。白いガラスは、ブルザイのモトルです。

行灯の裏側 椿のおしべ

椿の面のカットは、ほとんど進んでいませんが、
おしべは2種類のヤカゲニーを使っています。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

ジレンマの中で The Verve "Bittersweet Symphony"

テレビから、聞き覚えのあるメロディが流れてきました。
予備校のCMに、ヴァーヴのこの曲を思い出しました。

The Verve "Bittersweet Symphony" 1997年


You know I can't change, I can't change, I can't change, I can't change,
but I'm here in my mould, I am here in my mould.
And I'm a million different people from one day to the next.
I can't change my mould, no, no, no, no, no

Have you ever been down?

変えたいのに、
変えることが出来ない自分。

私の場合なら、もっとステンド作成に時間を費やしたくても、
毎日の仕事を優先させないと、生活が出来なくなってしまうだろうとか…。

程度の差はあれども、そんな葛藤を抱えつつ暮らしている人は多いのかもしれません。
そしてこの国も、とても大きなジレンマの真っ只中にいるのを感じます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

艶(ツ)やかな葉(バ)の樹(キ)

椿は、葉も艶やかです。
椿の名の由来は、「艶葉樹(ツヤバキ)」からという説もあるそうです。

濃い緑の葉と、明るいつぼみのガラスはヤカゲニー2種類。
渋い緑の葉は、ココモを使っています。

椿の葉

葉のピースをピンで留めると、椿らしくなってきたようです。
枝やガクの、細かなピースのカットも無事にでき一安心です。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

花びらは3種類の赤いガラスで

先ずは、椿の花びらからカットします。
3種類の赤いガラスを使います。

椿の花びら

「赤つたのランプ」で使い好きになった、綺麗なブルザイとオセアナ。
もう1種類はヤカゲニーです。

小さめのピースですので、異なるガラスを使う効果の程は、まだわかりません。
灯りを入れるまでのお楽しみです♪

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

穏やかなガラス選びの時間

選ぶガラスによって、作品はがらりと変わります。
完成品を思い浮かべながら、あれでもないこれでもないと、小一時間。
ガラスが決まった段階で、一仕事、終えた気さえします。

椿のガラス選び

今回、一番多く使うのは、背景の白いガラスになります。
椿のデザインはそれ程大きくないので、色ガラスは少しで足りそうです。
準備万端。さあ、ガラスカットを始めます。

…さて、11日で震災から一年。
遅れる復興、頻繁な地震に、どこか不安な気持ちを抱きつつ日々過ごしています。
ただ、こんな風にガラスと向き合う間は、穏やかな時間が流れています。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

赤にすべきか、白にすべきか…

椿の花を、赤にするか白にするかで迷いました。
それによって、背景の色が変わります。

選ぶ色によって、完成時の印象も大きく変わりそうです。
頭の中で、想像力を働かせます。

花が赤なら背景は白で、可愛らしい印象に、
白なら背景は暗めの色で、落ち着いた印象になりそうです。

作りながら色を楽しめそうな、赤にしました!
型紙はこちらです。

椿の型紙

花びらは区別しやすくカラフルに塗りましたが、
3種の赤いガラスを使う予定です。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

次は和風の行灯を

次は行灯を作ってみようと思います♪
デザインはシンプルで、和室にも合いそうなものをと考えています。

まずは、下絵を描いてみるところから始めます。
「椿」って、こんな感じでしょうか?

椿の下絵

プルーンのランプは、
葉と実を全面に描き込みましたが、
今回は空間を持ったデザインにしてみようと思います。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR