自作ランプベース

赤つたのランプ用に、木製ベースを作っています。
この銅線の先に、圧縮端子を付けて配線するところです。

ステンドグラスベース配線中

私は知らなかったのですが、写真のような自作ランプ用の木材が販売されているそうです。
自分で配線ができると、このような材料も使って作品の幅が広がりそうです。

さて、今日から夏季休暇明けでお仕事再開の方も多いことかと思います。
今週も頑張りましょう!

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

赤つたのランプシェイド

週1回、学んでいます田代ステンドグラススタジオでは、
2作目のランプシェイドを作っています。
先生デザインの赤つたです。素敵なデザインです。

赤つた

モールドは1/3に分割されたものを使っています。
ただいま3/3分割目のガラスカット、カッパーテープ巻きをしています。
作業はまだまだ続きますが、今から仕上がりが楽しみです♪

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

夏と言えば Doobie Brothers "Black Water"

イベントが終わったので、今日は好きな音楽を。
ドゥビーブラザーズの曲は、彼らの出身地カリフォルニアの暑い夏を思い出させます。
カリフォルニアは、東京よりも日差しが強く、空気は乾燥しています。
留学時、この気候だからこそ彼らの曲が生まれたのだと一人納得したことがありました。
この曲は、夏の夜を少しだけ涼しくしてくれます。

Doobie Brothers "Black Water" 1974年


"I'd like to hear some funky Dixieland
Pretty mama come and take me by the hand..."
思わず一緒に口ずさんでしまいます♪

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

キャンドルホルダーに灯りを

体験教室のキャンドルホルダーに灯りを入れてみました。
静かに眺めていると、炎が時折瞬きます。
それに合わせて、反射したガラスの影も揺れます。

キャンドルホルダーグリーン        ピンク
キャンドル点灯グリーン キャンドル点灯ピンク

体験教室の作品としては採用しませんでしたが、こちらにも灯りを。
キャンドル点灯試作 Copyright © 2011 Yurie All Rights Reserved.

落ち着いた雰囲気の灯りの元、
イベントが終わってホッと一息。
ご参加いただいた方々には、感謝の気持ちで一杯。
次回開催の思いをめぐらせます。。。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

ありがとう!ステンド教室ご参加の皆様

13日(土)の1日ステンド教室には6名の皆様にご参加いただきました。本当に本当にどうもありがとうございました!初めてのステンド作成にとても真剣に取り組んでいただきました。

ステンド教室1 ステンド教室2

区民プラザの教室は、利用4時間の制限があります。時間配分は考慮したものの、予想通りにはいきません。カッパーテープ巻は40分で完了の予想でしたが、1時間40分が経っていました。

残り2時間で半田付けです。箱型に組立て時、半田が流れてしまい苦労された方が多かったです。半田は、コテを当て続けていると熱で溶けてしまいます。半田が固まるのを待つ時間も必要です。

そんな半田付けのコツをつかめたころで、時間終了となりました。そして全員、見事に完成いたしました。よかった!

私は教室の様子を撮影するつもりでしたが、カメラを手にする余裕はありませんでした。この画像は、ご参加していただいた方が撮影されたものです。

皆様のおかげで、私自身も気づかされたことが多く大変貴重な経験をすることができました。反省点や課題点は、次回開催時に活かします。

またご参加いただいた方が、早速作品を使われている写真も拝見し大感激。皆様がキャンドルホルダーの灯りで、ゆったりとした時間をお過ごいただければと思います。

素敵な夏休みをお過ごしください。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

6ステンドグラス作品の作り方 箱型作品の組み立て

キャンドルホルダーは立体です。
側面4枚と底辺1枚を組み立て、箱型に組み立てます。
(長めのビデオです。英語は分からなくてもかまいません。)


体験教室ではビデオで使われているウエッジはございませんので、代用品を工夫して使います。

それでは、体験教室では楽しみながら作りましょう!

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

5ステンドグラス作品の作り方 半田付け

さあ、半田付けです♪
まず、コピーしておいた型紙にカッパーテープを巻いたガラスを並べます。
ビデオのようにピンや、木枠と釘等で、ガラスを動かないように固定させます。


ガラスとガラスの交差する点に、半田を仮止めします。
半田付けするところに、フラックスを塗ります。これらを塗らないと半田が付きません。


仮止めでガラスが動かないように固定したら、全体に半田付けをしていきます。
表が終わったら、裏も同じように半田付けします。


続きます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

4ステンドグラス作品の作り方 カッパーテープ巻き

8月13日(土)の1日ステンド教室では、キャンドルホルダーのカッパーテープ巻きと、半田付けをいたします。

カッパー(銅)テープというのは、薄い銅板がテープ状になったものです。テープの粘着面は、銅、黒、銀の3色があります。

特に透明のガラスは透けて、テープの粘着面が見えます。粘着面と仕上げの半田の色を同じにすると、テープが目立ちません。例えば半田を黒く仕上げる場合は、黒い粘着面のテープで巻くようにします。

テープの幅はガラスの厚さによって選びます。テープの幅によって、半田の幅も変わります。細めのテープで巻くと繊細な仕上がりに、太めのテープで巻くと強度が増します。



ビデオのように、カッパーテープの真ん中にガラスを貼り付けます。
続きます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR