行灯「鳥と葡萄」に灯りを

ようやく、「鳥と葡萄」の行灯が完成しました!
早速、点灯してみます。

鳥と葡萄の行灯完成
Copyright © 2016 Yurie All Rights Reserved.
「鳥と葡萄」

写真をとりあえず撮ってみました。
落ち着いた色合いの行灯になりました。

これまで、同じモチーフの行灯を2点作っています。
その都度、デザインとサイズを少し変えています。

過去のブログ記事を、見比べています。
特に使うガラスによって、雰囲気が変わり面白く感じます。

前作の「鳥と葡萄」←をクリック
前々作の「葡萄とワイン」←をクリック

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

念入りに洗浄すると

半田付けを仕上げたら洗浄します。
洗剤とたわしで、ゴシゴシと念入りに洗っています。

鳥と葡萄洗浄

こうすることによって、何年か経過しても半田に白い粉が出てくるようなことがなくなりました。
地味なのですが、大切な作業の1つだと思います。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

組み立てて平面から立体に

5面、全ての半田付けが出来ました。
組み立てて行灯の形にします。

鳥と葡萄半田付け2

今、行灯に金具を取り付けているところです。
この金具の部分を、電球が付いた木製ベースにはめ込みます。

きれいに半田を仕上げたら、洗浄しパティーナで染めます。
あともう一息です!

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

図柄の無い面のガラスカット

鳥と葡萄の図柄の無い面は、線が何本か入ったものになっています。
パネルのカット線と同じで単純そうですが、自然に見える線を描くのは意外と難しいものです。

鳥と葡萄ガラスカット5

これらの線は、組み立てた時に補強の役目もします。
さあ、全ての面のガラスカットができました。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

順調に行灯2面の半田付け

「鳥と葡萄」の行灯は半田付けに進みます。
まず表面を仮止してから、裏面を仕上げます。

鳥と葡萄半田付け1

そして、もう一度表面に返して半田にシワを残さないように仕上げます。
これで、行灯の2面は完成です。

順調に進んでいるので、作業が楽しく感じられます♪
次は、図柄の無い2面と、上部の1面のカットに進みます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR