先週末の六本木の桜

先週末に行った、草間彌生展。
国立新美術館を出ると、桜が満開でした。

六本木の桜1

時折雨が降ってきましたが、六本木を散歩しました。
写真は、東京ミッドタウンの辺り桜です。

六本木の桜2

六本木の桜3

六本木の桜4

意外にも人が少なく、ゆっくりと花を楽しむことができました。
来年のこの時期に、また来ようと思いました。

六本木ヒルズイベント

六本木ヒルズでは、開催中のマーベル展のフィギアがあちらこちらに展示されていました。
様々なものが、目を楽しませてくれた一日でした。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

週末は「草間彌生 わが永遠の魂」へ

あいにくの天気が続きますが、それでも都内は桜が満開で綺麗です。
さて雨の土曜日、国立新美術館で開催中の草間彌生展に行ってきました。

草間氏の水玉モチーフの作品は、誰もが目にされたことがあるのではないかと思います。
展示は、初期から88歳の現在の作品にわたり見応えがあります。

写真は、制作の続いている絵画シリーズ「わが永遠の魂」です。
大きな部屋の壁一面に、色彩豊かな作品が展示されていて圧巻です。

この部屋では、なんと撮影が可能です。
絵画だけではなく、動きと毒々しさもある立体作品も展示されています。

草間彌生展1

草間彌生展2

草間彌生展3

草間彌生展4

私が印象に残った作品は、インスタレーションの「生命の輝きに満ちて」です。
全面鏡貼りの暗い部屋に、無数の小さな電球が吊るされ点灯されています。

鏡の効果で、空間が無限に広がっているように見えます。
電球の灯りはまるで星のようで、宇宙か何か別の世界にいるような気がしました。

作品からはエネルギーが溢れていました。
氏にとって制作することが、生きることなのではないかしらと思いました。

展覧会の詳細は、美術館のサイトをご覧ください。

「草間彌生 わが永遠の魂」
会期 2017年2月22日(水)- 5月22日(月)
休館 毎週火曜日  ※5月2日(火)は開館
会場 国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

行灯「梅にうぐいす」完成

行灯「梅にうぐいす」は、洗浄して半田を黒く染めました。
いよいよ、点灯の時です。

梅にうぐいす
Copyright © 2017 Yurie All Rights Reserved.
「梅にうぐいす」

梅の季節はそろそろ終わりかけていますが、春の作品が完成しました!
枝に止まるうぐいすは、本物の鳥より鮮やかな色にしています。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

組み立てと金具付け

各面を半田付けし、一気に組み立てました。
行灯の底に、真鍮の金具を取り付けているところです。

梅にうぐいすの半田付け2

仕上げたら洗浄し、半田を黒く染めます。
完成まであと少しです!

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

行灯の上面と側面

行灯の上面と側面は、シンプルに仕上げます。
絵柄は、梅の枝の一部とカット線のみにしています。

梅にうぐいすのガラスカット5

シンプルですが、ピースが大きめなので失敗しないよう慎重にカットしました。
これで無事、全ての面のカットが終わりました。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

行灯作りは中盤に

近所を歩くと、寒い中、凛と咲く梅の花に目が行きます。
作品のモチーフに草花を選ぶことがあるお陰で、以前より自然の変化に敏感になったようです。

梅にうぐいすの半田付け1

さて、作品作りの工程は中盤。
絵柄のある2面の半田付けが出来たところです。

梅の咲いている間に、作品完成となりますでしょうか?
残りの作業は、テキパキと進めたいです。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

出来ました2面のカット

2面のカットが出来ました。
ここまで来ると、一安心です。

梅にうぐいすのガラスカット4

背景のガラスを配置すると、作品は思った通り落ち着いた雰囲気になりました。
次は、半田付けに進みます。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 

落ち着いた色の背景

細い枝のカットが済みました。
透明感のあるガラスなので、灯りを入れた時にどうなるか楽しみです。

数週間にわたって悩んでいた、梅の花のデザイン。
結局、花びら毎と一輪毎にカットした両方を取り入れることにします。

梅にうぐいすのガラスカット3

背景は、ピース数は少ないのですが、改めて見ると形が複雑です。
何ピースか配置してみると、色の効果か落ち着いた雰囲気になりそうです。

ご覧いただきましてどうもありがとうございます。
↓ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると大変嬉しいです!
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ 
ポートフォリオ
プロフィール

Yurie

Author:Yurie
 ようこそ!試行錯誤しながらも、楽しくオリジナルのステンドグラス作品を作っています。のんびりペースですが、制作過程などをアップして行きます。

 普段はアートやガラスとは関係のない仕事をしています。主に休日に作品を作っています。

 作品のデザイン、画像、および文章の転載、転用、複製を禁止します。

Google English Translator
リンク
参加ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プチ月別アーカイブ
最新記事
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
最新トラックバック
_
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR